2009年02月01日

抗うつ剤、効果に3割の差

asahi.com(朝日新聞社):抗うつ剤、効果に3割の差 日英伊研究、薬を順位付け - 社会

抗うつ剤は種類はあれど、効果にさほどの差はないと言うのが定説であったようです。
しかし、今回。
日英伊の大規模な国際研究によれば薬の効果には30%の差がある事が判明したというのです。

研究には、名古屋市立大の古川壽亮教授(精神医学)のほか、
英オックスフォード大やケンブリッジ大、伊ベローナ大の医師12人が参加。
12の薬を対象に、91〜07年に世界各国で行われた効き目に関する比較臨床試験のうち、科学的信頼度の高い117試験を選んで解析。8週間後の効き方と、副作用のため薬をやめた率を比べ
そこで30%の開きがでた、ということだそうです。

抗うつ剤は強力なものもあると聞く事はありました。
でも今までは効果に差がないという認識で薬を処方していたというのでしょうか・・・?


その他健康美容ニュースはこちら↓

続きを読む
タグ:うつ 効果
posted by sjk at 10:39| Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。